出産費用

旦那が減給された直後に妊娠が発覚!出産費用が足りない(TOT)

専業主婦歴3年の私が、今一番悩んでいるのが「出産費用が足りない」ということです。

 

ここ最近は旦那の給料日前になるとお金の心配をしています。

 

別に贅沢している訳でもなく毎日節約を心掛けながら生活しているんですけど、あることが理由で急に生活が苦しくなったんです。

 

というのも今年の4月から旦那の給料が、一気に減ってしまったんです。

 

どうして給料が減ったかというと、それまでは営業職で働いていたのが総務部へ部署異動になり営業手当などが無くなってしまったことが原因です。

 

営業手当がなくなった代わりに残業代がつくということだったんですけど、会社も業績が厳しいので残業できなくなっているそうなんです。

 

だから実質は減給と同じで、今までもらっていた営業手当4万円が給料から減ったことになり生活が一変したのでした。

 

手取りで21万円のお給料が17万円ちょっとになったんだから、家計的にかなり苦しくなるのも当然ですよね。

 

それまでのお給料でも毎月ギリギリでボーナスで補填していたのが、今年はそのボーナスもカットされるみたいで不安でいっぱいです。

 

 

しかもそんな時に限って二人目の子供がお腹の中にいることが分かって、毎月健診費用で掛かるようになってきました。

 

1回健診にいけば健康保険が適用されないので、5千円〜1万円くらいお金が掛かります。

 

健診を節約するのは嫌でしたが、お金が払えないので一人目の時よりも回数を減らしました。

 

そして大金が必要となる出産費用は、出産育児一時金を利用できるのでなんとかなりました。

 

しかも直接支払制度を利用すれば病院に直接費用が支払われるので、一次的に高額な現金を用意しなくても済みます。

 

ただし、出産前に申請などをしておかないと直接支払制度は利用できないので、その場合は退院時に高額な現金が必要となってしまいますからご注意を。

 

私は出産育児一時金の直接支払制を利用することにしたので、通っている産婦人科だと不足分として数万円程度が必要になる計算でした。

 

一人目もそこで産んだので、できれば二人目も同じ所で産みたいと思っていたので費用はアシが出てしまいますが仕方ありません。

 

その他にも出産後の育児に必要なベビー用品やベビー服など、考え出したらキリがないくらいの出費が待ち構えているので正直お金の心配は大きかったです。

 

 

うちの場合、夫婦ともに両親が亡くなってしまっているので、祖父母からの援助もないからなおさら心配になったのでした。

 

自分たちでなんとかするしかない・・・と、旦那とも話し合って出産に備えることにしました。

 

そんな中、仕事で左遷されて落ち込んでいる旦那に、お金の心配はなかなか言いだせませんでした。

 

お金の心配ばかりしていると胎教に良くないとは分かっていても、どうしてもお金のことが心配で一人で悩んでしまっていたのです。

 

そんな状態が続いてちょっと軽いマタニティーブルーにもなりかけたので、このままだといけないと思いお金の心配をなくそうとアレコレ考え始めました。

 

どうしても赤ちゃんを無事に産んであげたかったので、必要なお金をローン(借金)で借りることにしたのでした。

 

どこからお金を借りる?

正直言って今までも何度か借金をしようと思ったことがあります。

 

それでも借りなかったのは、どうしてもお金を借りることに拒否感があったからです。

 

その度になんとか節約を重ねて乗り越えてきました。

 

主婦が生活費を消費者金融でキャッシングして借金地獄に落ちていく・・・みたいな話をテレビで見たことがあって怖かったからです。

 

もちろん私の場合は出産という理由があるので決して浪費やギャンブルがお金を借りる原因ではないのですが、それでも少し後ろめたさがありました。

 

 

でも、今回ばかりは今までのようにはいかないと思いました。

 

 

せっかく授かった命を無事に誕生させるためには、どうしてもお金が必要です。

 

そのためにはお金を借りることも必要だろうと考えたのでした。

 

お金を借りることは怖いことです。

 

だから、返済計画はしっかりと立てることにしました。

 

旦那の収入しか返済のアテがないのは怖いので、私も在宅でお金を稼げる仕事を探すことにしたのです。

 

今の時代はネット経由でできる仕事もあるので、「コンテンツライター」という仕事をすることにしました。

 

テーマに沿った記事を書くと、「1記事=100円」とかでお金がもらえる仕事です。

 

いつでも手の空いた時に仕事ができるのが魅力で、頑張ったら月に2〜3万円くらいは稼げそうです。

 

出産費用でお金を借りた分は、私のバイト代で返済していくことにしました。

 

一応の返済計画にもメドが立ったので、後はどこからお金を借りるかです。

 

私の場合は専業主婦なので、消費者金融からはお金が借りれません。

 

「総量規制対象」というのがあるらしく、自分に収入がない専業主婦は借入れができないそうなんです。

 

まだアルバイトも始めていないので、私は安定した収入がない専業主婦扱いとなります。

 

でも銀行からの借入れはならば「総量規制対象外」ということで、ローンも申し込みができるみたいです。

 

なんかややこしいですけど、とにかく銀行ならローンの申し込みができるということなので借入先を探すことにしました。

 

 

やっぱり給料口座のある銀行でお金を借りるのがいいかもしれない!

お金を借りる場合に気になるのは金利ですよね。

 

でも、いろいろな銀行を比較していると、どこも金利は「年4.0%〜14.0%」みたいな感じで幅があるんですよ。

 

うちがお金を借りるなら、どの金利になるのか全然分かりません。

 

銀行ローンのQ&Aを読むと、どうやら審査結果として信用度が判定されてそれでお金を貸す限度額が決まるみたいなんです。

 

その限度額に応じて金利も変わってくるみたいです。

 

ということは、多分うちの場合は信用度は低いんで、金利は高いことが予測されます。

 

まあそれが現実だから仕方ありません。

 

それでもお金を借りないと出産できないので、借りるしかないんですけどね。

 

その前に貸してもらえるかどうかという審査の不安はありますけど。

 

信用力とか言われると不安もあるので、とりあえずは毎月の給料が振り込まれている銀行なら少しは信用があるかと思って三菱東京UFJ銀行にローンを申し込むことに決めました。

 

三菱東京UFJ銀行でお金を借りるにはいくつかのローンの種類がありますが、うちの利用目的だとカードローンに申し込むことになります。

 

カードローン「バンクイック」だと金利が年4.6%〜年14.6%だから、「多分うちは年14.6%かぁ〜」と思いつつもとりあえず返済シミュレーションをしてみました。

 

 

【返済シミュレーション】

  • 借入金額:30万円
  • 返済月数:36ヶ月
  • 借入利率:14.6%

 

すると、毎月の返済額は「10,340円」でした。

 

総返済額は372,256円で、うち利息分は72,256円となります。

 

やっぱり結構な額の利息を返すことになります。

 

それでも借りないと出産できないので仕方ありません。

 

私のバイトが軌道に乗ってくれば、月2万円くらいは返済できそうです。

 

だから、次は月2万円の返済ならば、どれくらいの期間が掛かるかをシミュレーションしてみました

 

 

【返済シミュレーション】

  • 借入金額:30万円
  • 毎月の返済額:2万円
  • 借入利率:14.6%

 

すると、返済期間1年5ヶ月(17回)と出ました。

 

返済計画を見ると総返済額が333,268円で、うち利息分は33,268円となりました。

 

最初のシミュレーションよりも利息が38,988円も減りました。

 

毎月2万円なら返済できそうなので、こっちのパターンで返済計画を立てることにしました。

 

さあ、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイックに」申し込み!

ここまでいろいろ時間を掛けて計画を立ててきましたけど、申し込みからお金を借りるまでは思ってたよりも簡単に進みました。

 

今はインターネットで公式サイトから申し込みができるので、子供が寝ている間にパソコンから手続きを進めました。

 

最初に目に飛び込んできたのが、「お試し診断」という項目です。

 

簡易審査ですが、本申し込みの前に借入可能かどうかを診断してくれるそうです。

 

入力する項目は、

  • 生年月日
  • 性別・独身既婚
  • 保険種類
  • 他社借入状況について

の4項目でした。

 

入力して審査ボタンを押すと「バンクイックをご利用可能と考えられます。」と表示されました。

 

「詳細な内容に基づく実際の審査では、ご要望にそえない場合もありますので、あらかじめご了承ください。 」という注意事項がありましたが、なんか審査に通るかもという希望が膨らみました。

 

診断結果の画面に「今すぐお申し込み」という赤いボタンがあったので、そこから申込手続きを始めました。

 

ここまでの間は10秒も掛かっていません。

 

「当行に普通預金口座尾をお持ちの方はWEB完結」ということだったので、うちはうちは銀行口座を持っているので「口座あり」というボタンを押して手続きを進めました。

 

すると次のページで「店番・口座番号・名前」を入力するとすぐに登録されている口座情報が表示されました。

 

それから規約を4つほど確認して(実際にはページを開いただけで読んでいません)次に進みます。

 

その後は私個人の情報の入力です。

 

  • 入力1:ご職業=収入がなく配偶者に収入のある方」
  • 入力2:私の個人情報(旧姓)、カードの受取方法:テレビ窓口or郵送(自宅宛)
  • 入力3:ご自宅の情報(持ち家か賃貸か社宅可、住宅ローン、家族構成)など

 

以上の3ページで申し込みは終了です。

 

入力時間は5分も掛かっていません。

 

思った以上に簡単に終わりました。

 

後は、審査結果を待つだけです。

 

 

審査は無事通過!思ったよりも簡単にお金を借りることができました♪

審査結果の連絡は平日9〜21時(土日祝日9〜17時)ですが、朝10時くらいに申し込みをして、お昼前には電話連絡がありました。

 

結果は「借入OK!」ということで、無事にお金を借りることができるようになりました。

 

承認された利用限度額も「30万円以内」で借入利率:年14.6%でしたが、想定通りの結果だったのでとりあえず審査に通って良かったです。

 

今回は急ぎで借入れしなくてもいい状態だったので、キャッシングカードの受取方法を「郵送」にしましたので、お金を借りられるのはカードが届いてからになります。

 

急ぎでお金を借りる場合には、銀行店舗に設置されているテレビ窓口(免許証持参)を利用するとすぐにカードが発行されて即日融資を受けることができるそうです。

 

カードが届くまでに1週間くらい掛かりましたが、自宅に無事に届きました。

 

申し込みからカードが届くまで、つまずくことなく簡単に手続きが進みました。

 

 

すぐに30万円が必要とはならないので、先ずは出産までの健診費用として5万円を借り入れしました。

 

セブン銀行ATMなら利用手数料が無料だから、近所のセブン-イレブンに行ってATMでお金を借りました。

 

本当に簡単にお金を借りれて少し怖かったので、「出産・育児」に関することでしかお金を借りないと決めて利用することにしました。

 

金銭感覚が麻痺して自己破産とかになってしまったら大変ですから。

 

 

まあ、使う目的を決めて利用しているので、それを守ってさえいれば大丈夫なんですけどね。

 

とりあえずこれで第二子出産についてのメドが立って、お金の面での心配も晴れました。

 

借りているお金だから完全に気持ちが落ち着いた訳ではないですが、自分も含めて頑張って仕事をすれば返済に困ることはない計画です。

 

今までみたいに「検診代がない」「出産育児一時金だけだと出産費用が足りない」という不安を抱えて毎日を過ごすことを考えれば、お腹の赤ちゃんにも悪い影響を与えずにすみます。

 

それが一番良かったと思うことです。

 

出産まで残りわずかですが、健康な赤ちゃんを産みたいと思います。